プロミスの借り入れには収入証明の提出が必要?

プロミスのネット申し込みには収入証明が必要?

消費者金融などから借入を申し込むにあたって、法律が改正されたために、非常に手続きが面倒になり、審査も厳しくなったと聞きました。

 

プロミスのインターネットサイトで申し込む時は、収入証明書は必要になるのでしょうか?

 

源泉徴収票や給与明細は、自宅に置いてあるので、今すぐ申し込みたい時は、後からの提出でもよいのですか?

2010年6月18日以前は、消費者金融に限らず、一般の金融会社で借入を申し込む時には、収入証明書を提出することは義務付けられていませんでした。

 

月収や年収は、完全な自己申告で通る場合が多く、そのため、収入がない専業主婦の方でも多額の借入ができる仕組みになっていました。

 

しかし、この日に改正された貸金業法が施行されて、融資の限度額は年収の3分の1までと決められた他、50万円を超える融資を申し込む時には、収入証明書の提出が義務付けられました。

 

50万円という金額は、1社から融資を受ける場合に適用されますが、複数の業者からの借入の合計が100万円を超える場合も、同じく収入証明書を提出しなくてはならなくなりました。

 

プロミスでは、最大500万円までの融資が受けられます。

 

したがって、他社からの借入を含めて100万円に満たない場合は、収入証明書を提出する必要はありません。

 

この法律は、法律が施行される前から借入をしている人にも適用されるので、この借入金額に該当する人には、収入証明書を提出する義務があり、提出しない状態が続くと、新たな借入ができなくなる場合があります。

 

50万円を越える場合の融資をプロミスで申し込む場合は、インターネットではなく、郵送や無人契約機、営業所を利用する必要があり、この場合はもちろん、収入証明書を持参しなくてはなりません。

 

提出する書類が多くて不便、面倒と感じる方もいるかもしれませんが、収入と借入のバランスを考えて融資を受けるのは、当たり前のこととはいえ、実践するのはなかなか難しいことです。

 

この点を考えずに、昔の消費者金融はカンタンに融資をしていたため、多数の多重債務者を生み出すという、社会問題を引き起こしました。

 

そうした意味では、今の厳しい法律の規制は、金銭貸借における健全な取引をしっかりとサポートしていると、わたしは感じています。

 

なお、プロミスでも50万円以下の借入でしたら収入証明書の提出は不要ですが、契約後に提出すると、ATM利用手数料などに充当できるポイントがもらえます。

 

法律で収入証明書の提出不要とされている額でも、プロミスではなるべく個人の返済能力を把握して、無理な融資はしないようにしているようです。